目の下の気になるたるみ治療を受ける病院を比較検討した

自信のあった自分の顔に
最近ではメスを使わない手術も
毎月のコスメにかける金額より手術が得

最近ではメスを使わない手術も

>

最近のたるみは、メスを使わない手術が主流となっており、できるだけリスクを少なくしているようですが、 その分執刀する医師のスキルが求められるということで、この目の下のたるみとりに関しても、あまり効果が見られなかったり、 傷が残ってしまったという失敗談も上がっていたので、どうせチャレンジするなら最高の先生にやってもらおうと決めていたので、 とにかく時間をかけて病院を探しました。比較すると値段も幅広く、実に二十万円ほどの開きがあったので、 正直なところ十万円程度の費用でできるクリニックにも惹かれましたが、なぜそんなに開きがあるのかということを調べ、 やはり相場程度の費用は支払うべきだと判断し、症例、医師の実績、経験共に申し分ないクリニックで、まずは相談して見ることにしました。

そのクリニックの医師は、もともとは脳神経外科の先生で、首から上の構造については非常に詳しい方であるということも 私が強く惹かれたポイントで、手術の内容も、脳神経の治療を行うのと同じような感覚で行うとのことだったので、 何となくではありますがこれは普通のたるみの医師とは違い、細かい手術が行ってもらえるのではないかという直感がありました。 実際にカウンセリングで先生とお話しすると、目の下の皮膚、筋肉、脂肪がどうなっていて、たるみを取るにはどうすればよいのか、 その治療を受けた後はどうなるのか、といったこれから先の加齢の過程についてまで詳しく説明してくれたので、とてもわかりやすく、 かつ安心できました。